2010年03月19日

米銀への無利子預金が1億ドル 日米「密約」のひとつか(産経新聞)

 沖縄返還に伴い、日米間に「密約」があったとされる問題で、財務省と日銀は12日、米ニューヨーク連邦準備銀行への無利子預金の額が昭和47年末から平成11年末まで27年間にわたり、政府が5300万ドル、日銀が5000万ドルの計約1億ドルを維持していたと発表した。菅直人副総理・財務相は同日夕の記者会見で、沖縄返還協定(昭和46年)で定めた日本の財政負担3億2千万ドルにとどまらない「秘められた約束」が日米間に存在したとして、「広義の密約」のひとつにあたるとの見方を明らかにした。

 米公文書などによると、日本政府は昭和47年、沖縄で流通していたドルを円と交換。そのドルの一部をニューヨーク連銀に無利子で預け入れたほか、市中銀行を通じ、このドルを得た日銀も同様に無利子預金を行った。その際、日米間では無利子預金残高の最低限度額などを定めたというが、こうした措置を取った理由については不明という。円と交換されたドルの総額は1億347万ドルで、政府・日銀の無利子預金の額とほぼ同じだった。

 ただ、無利子預金の運用益が米国への利益供与にあたるとの見方について、菅財務相は「そうした指摘は当たらない」などと否定した。

【関連記事】
「日本が説明すべき問題」 財政密約発表で米政府
「密約」報告書 非核三原則の見直し図れ 検証を同盟の未来に生かそう
ギリギリの交渉 72年のニクソン−佐藤会談
核密約を追認?否定? 鳩山政権の「軽さ」象徴
朝鮮半島有事の基地使用も事前協議? 密約検証が「同盟破壊の爆弾になる」恐れ…
20年後、日本はありますか?

水俣病和解協議、一時金210万円の案示す(読売新聞)
武田薬品とノバルティスがトップ―製薬企業イメージ調査(医療介護CBニュース)
<千葉大生殺害>学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)
地震 福島・楢葉町で震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)
煙たがられなくなる?無煙たばこ5月発売へ(読売新聞)
posted by マツバラ エイジ at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震 福島・楢葉町で震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)

 14日午後5時8分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、同県楢葉町で震度5弱を観測した。また福島、岩手、宮城、栃木の各県で震度4、青森県から山梨県までの広い地域で震度3を観測した。気象庁によると、震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.7と推定される。

 気象庁によると、太平洋プレートと陸のプレートの境界付近で発生した海溝型地震で、地震を引き起こした断層は西北西−東南東方向を境界とする逆断層型。震源付近では13日にもM5.5の地震(最大震度4)があったが、今回の地震との関連性は低いという。

 同庁は地震検知から3.6秒後に緊急地震速報を発表。ほとんどの地域で大きな揺れが来る前に速報が流れ、楢葉町では5秒の余裕があった。同庁の関田康雄・地震津波監視課長は会見で「大きな地震が頻発する地域ではないが、念のため1週間程度は最大震度4程度の余震に注意が必要だ」と述べた。

 その他の主な各地の震度は次の通り。

 ▽震度4=福島市、福島県郡山市、白河市、いわき市、盛岡市、岩手県北上市、一関市、宮城県栗原市、石巻市、塩釜市、栃木県大田原市

 ▽震度3=八戸市、秋田市、山形県鶴岡市、水戸市、群馬県邑楽町、埼玉県熊谷市、千葉県香取市、東京都江戸川区、神奈川県二宮町、新潟県村上市、山梨県忍野村【福永方人】

【関連ニュース】
<全国の地震に関する最新情報>
<チリの地震の津波では>大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫
<写真特集>関東大震災
<写真特集>阪神大震災
<特集>備える 地震の基礎知識

龍馬も香りをかいだ?グラバーのラン販売へ(読売新聞)
川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)
子ども手当法案を可決=衆院厚労委(時事通信)
福岡のケヤキ・庭石事件、元社長らに7億賠償命令(読売新聞)
愛知の83歳を原爆症認定…名古屋訴訟控訴審(読売新聞)
posted by マツバラ エイジ at 01:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

「仕分け」候補の公益法人、常勤役員7割が天下り(読売新聞)

 政府が事業仕分け第2弾の有力対象候補として挙げた50の公益法人の常勤役員ポスト186のうち、約7割が天下りした国家公務員OBで占められていることが12日、わかった。

 24法人の27ポストでは、同一省庁から5代以上続けてOBが天下りしており、省庁と公益法人のもたれ合いの構造が浮き彫りになった。

 政府の内部資料によると、2008年12月現在、50公益法人に186人の常勤役員がおり、その69%に当たる128人を国家公務員OBが占めていた。複数の常勤役員がいる45法人のうち、国家公務員OBがポストを独占していたのは4割超の20法人に上った。

 天下りの数が最も多かったのは、国土交通省が所管する「民間都市開発推進機構」。8人の常勤役員のうち7人が国家公務員OBで、うち常務理事2ポストは同省出身者が5代以上連続で就任していた。

 国交、経済産業両省が所管する「河川環境管理財団」と国交省所管の「ダム水源地環境整備センター」は、常勤役員4ポストすべてを国家公務員OBが独占。さらに両法人では常勤役員1つのポストで国交省OBが5代以上続けて天下りしていた。

 総務、経産両省が所管する日本情報処理開発協会は、天下りの常勤役員が5人いた。同協会の役員報酬規定では、常務理事や理事の年俸は1380万円〜1800万円となっている。

 内閣府によると、所管省庁出身の常勤役員がいる政府系の1837公益法人で、年俸が平均1200万円以上の団体が3割強を占めている。

 国所管の公益法人は6625あり、国家公務員出身理事は3305法人に8519人。公益法人向けの補助金支出は10年度予算案で2046億円に上っている。

<クロマグロ>「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)
<小沢環境相>14日に佐渡トキ保護センター訪問(毎日新聞)
「論文盗用の助教」監修アニメに科学館困った(読売新聞)
<自民党>中期計画に沿って予算編成 財政健全化法案を発表(毎日新聞)
<大分コンサル脱税>大光など3社に罰金3億円超求刑(毎日新聞)
posted by マツバラ エイジ at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。