2010年01月20日

山本有二氏らが政策グループ発足へ(産経新聞)

 山本有二元金融担当相ら自民党国会議員6人が18日、新たなグループの発足を決めた。19日、党本部で発表する。社会保障政策を中心に独自の政策を提言し、共著の出版も目指す。

 グループ名は「のぞみ」。山本氏のほか古屋圭司、鴨下一郎、武田良太、古川禎久の4衆院議員と衛藤晟一参院議員が参加する。古川氏はすでに、昨年11月に所属していた山崎派を退会したほか、山本氏も高村派を離脱する意向を示している。ただ、古屋、衛藤両氏は現在のところ、伊吹派にとどまる考えだ。

【関連記事】
首相と小沢氏を追及へ 自民、公明が方針表明
真相説明求め決議採択 自民長崎県連が批判集会
元小泉チルドレンの悩み 新天地目指すも…
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた
自民党がどう変わろうと国民には関係ない

小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も−厚労省(時事通信)
インド洋給油、終結を命令=新テロ特措法が期限切れへ−北沢防衛相(時事通信)
平野官房長官、内閣官房の人事刷新を検討(産経新聞)
posted by マツバラ エイジ at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。