2010年05月24日

<京極夏彦さん>新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)

 講談社は20日、15日に発売された京極夏彦さんの小説「死ねばいいのに」を電子書籍化し、米アップルの新型携帯端末「iPad(アイパッド)」など向けに6月上旬から配信すると発表した。同社によると、大手出版社が文芸書の新作を電子配信するのは初めて。

 価格は単行本1785円に対し、アイパッド版は900円(発売開始2週間は700円)。アップルの多機能電話「アイフォーン」版やパソコン版も同価格で、携帯電話向けは1章105円(全6章、第1章は無料)。

 京極さんは「紙の本の発売とほぼ同時にアイパッドが登場することになり、実験台を買って出た」とあいさつ。野間省伸副社長も「新たな手段で作品を読めるチャンネルが増える」と、出版市場の活性化に期待を示した。同社は近く、五木寛之さんの小説「親鸞」を、秋には京極さんの次作を電子書籍化する予定。

【関連ニュース】
新刊 『冥談』=京極夏彦・著
文学・評論 『いまをどう生きるのか』=五木寛之、松原泰道・著
講談社 : 京極夏彦さんの新刊「死ねばいいのに」をiPadで発売 「実験台を買って出た」と

蜃気楼 富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
<たわわちゃん>京都タワーのキャラ、仲良しの園児らと茶摘み(毎日新聞)
文化住宅火災で15世帯避難 未明の大阪・岸和田(産経新聞)
拉致と安保を議論、23日シンポ(産経新聞)
<公務員法改正案>衆院を通過…野党5党、ようやく連携模索(毎日新聞)
posted by マツバラ エイジ at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。