2010年02月11日

<東電>作業員被ばく量対策チームを設置(毎日新聞)

 原子力発電所1基当たりの作業員の被ばく総量(集団線量)が多い問題を受け、東京電力は8日、検討チームを設けて抜本対策に乗り出す方針を明らかにした。同社での作業中の被ばく総量は国内の約4割を占める。作業手順や施設を見直し、汚名返上を目指す。

 東電によると、世界の沸騰水型原発51基のうち、06〜08年度の平均集団線量は少ない順に柏崎刈羽原発(新潟県)の22位が最高。福島第2原発(福島県)は23位、福島第1原発(福島県)はワースト5位の47位になる。特に福島第1は作業空間が狭く、線量が高い区域での作業が長引くのが原因という。

 同社は作業空間を広げるため保全センター(仮称)の増設を検討。線量の多い場所を電飾し作業員の注意を促す。また、放射線を遮る鉛板を増やし「無駄な被ばく」を減らす。東電は「5年後をめどに福島第1が40位以内、他の2原発が10位以内に改善したい」としている。

 経済産業省原子力安全・保安院は同社以外の電力会社も改善が必要として、近く対策強化に乗り出す。【山田大輔】

【関連ニュース】
敦賀原発:1号機、伝送器から水漏れ 配管にひび、放射能含む2.5リットル
川内原発:作業員3人が感電、重傷 放射能漏れなどはなし
福井・大飯原発:1号機、放射能濃度が上昇 被覆管に穴?
高レベル放射性廃棄物:地層処分、安全性に懸念 放射能、1000年後地上に
原子力事故:初期医療を支援する専門チーム発足 放医研

<書の甲子園>埼玉・松山女子高に優勝杯(毎日新聞)
遮断棒折れ3万4千人に影響 JR学研都市線(産経新聞)
大雪と強風 新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響 (毎日新聞)
胸に刃物刺さった男性、心肺停止…川崎(読売新聞)
【中医協】先発品より高い後発品は16品目―厚労省が公表(医療介護CBニュース)
posted by マツバラ エイジ at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<航空機座席>安全試験結果改ざん 小糸工業に業務改善勧告(毎日新聞)

 国土交通省は8日、航空機用座席の製造を巡り、安全試験の結果を改ざんしたなどとして、製造会社「小糸工業」(横浜市)に業務改善勧告をした。問題の座席は世界の航空会社32社の約1000機で約15万席使われているが、国交省は「運航は問題ない」としている。

 国交省によると、同社製座席の全134モデルで、試験結果が改ざんされたり、同省の承認を得ないまま設計変更した可能性があるという。座席に衝撃を与えて強度を調べる国の試験では、基準を上回ることができなかったため、基準をクリアした社内試験のデータに差し替えて結果を改ざんしたケースが62モデル中55モデルであった。昨年6月と7月、同社内から不正に関する情報提供があり、国交省が立ち入り検査を実施し発覚した。

 国交省は米連邦航空局や欧州航空安全庁と協議し、運行継続については現時点で問題はないと確認したうえで、使用中の座席の再試験を同社に指示した。

 会見した掛川隆社長は「他部門の管理職まで知っていた。組織ぐるみだった」と陳謝。「03年ごろ世界的に需要が増え、試験が失敗すると納期が間に合わなくなるため不正をした」と説明した。しかし国交省は、90年代半ばごろから不正が行われた疑いがあるとみている。

 同社は東証2部上場で08年度のグループ売上高は約614億円。このうち航空用座席は約110億円を占め、世界シェアは4%。日本航空では279機中184機の約2万9000席、全日本空輸では209機中141機の約2万6000席で使われている。【平井桂月】

【関連ニュース】
小糸工業(6747)は後場に下げ幅拡大 10年3月期予想を再下方修正、航空機シート納入遅れに伴う賠償金負担響く

<明石歩道橋事故>「起訴」指定弁護士3人決まる(毎日新聞)
<子どもの貧困>国会で「卒業危機」対策アピール(毎日新聞)
政治資金規正法改正に意欲=首相(時事通信)
「朝青龍引退に異議あり」 三木谷、ホリエモン、杏野はるな…(J-CASTニュース)
<長崎県知事選>過去最多の7人が立候補を届け出(毎日新聞)
posted by マツバラ エイジ at 06:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。